千ヶ滝せせらぎの道

春めいてきた五月初旬、暖かくなってきて美しい新緑と早朝から忙しく飛び回る野鳥を観察しに、みかさ邸から歩いて10分ほどのところにある「千ヶ滝せせらぎの道」に行ってきました。

千ヶ滝せせらぎの道入り口
ハイキングコース入り口
千ヶ滝せせらぎの道くだる男性
ハイキングコースをくだる男性。ここ一帯は観光客や定住者の格好の散歩道です。

ハイキングコースは比較的なだらかな登り道ですが、ハイキングコースが1.5km、ところどころ勾配が強くなっている「せせらぎの道」は1kmはあるので、子連れや足腰に自信のない方にはハイキングコース先の駐車場まで車で乗り入れるのがおすすめ。ハイキングコースには癒しスポットが多くあり、小川や色とりどりの野鳥、樹木が五感を愉しませてくれます。

せせらぎの道小川
雄大な自然に囲まれるハイキングコース。
道路を渡るキジ
道路を挟んだ所にいるメスのもとへと急ぐ雄のキジ。
軽井沢ではよく目にするコゴミ
道路脇に生えるコゴミ。
ウド
前年の枯れた茎跡周辺で見つけられるヤマウド。

この日は倒木のためセゾン現代美術館前から始まる1.5kmのハイキングコースの途中で道路は閉鎖されていて、車のみ通行不可となっていましたが、後日再訪するとハイキングコース先で歩行者も通行どめになっていました。
駐車場をすぎると左手に公共トイレがあり、その先にはせせらぎの道のマップがあります。この国有林はツキノワグマの生息地となっているのでラジオや熊よけ(ベル)を携帯しておくのが良いでしょう。

清潔なトイレ
多目的トイレも完備されたトイレがあります。壁の穴はキツツキが空けたのでしょうか。
熊出没注意
入り口には「熊出没注意」の看板が。
せせらぎの道マップ
せせらぎの道マップ
水遊び場
水遊び場。夏には子供達が大はしゃぎしている光景が目に浮かぶ。

この日は6歳の息子と一緒に散策に出かけたのですが、少し歩き疲れたようだったので、水遊び場で引き返すことにしました。また次回閉鎖が解除された時にこの先の滝へと続く道を紹介したいと思います。

前の記事

軽井沢に家を建てる

次の記事

霧下そば 地粉や